生み出しは膿み出しから。

なおみん編集長です。
今日は、はぐみマルシェの日でした!

告知が遅かったり
朝から冷え込んだり
開催時間が短かったりで

誰も来なかったらどうしよう?
と思いながらの開催でしたが

お昼時間になったら
たくさんの方々がいらしてくださり
おかげさまで大盛況となりました。

ありがとうございます!

ハグミビトで出演してくださった
もりねこさんのブースも
にゃっつが大人気で
ラベルのデザインを担当した
わたしとしてはありがたい限りです。


さて
編集部はその後
残ったメンバーで
この一年を振り返っていました。

不安に思っていたこと
伝えられなかった思い

定期的に集まっても
なかなか
本音で話せる時間がなかった
ということを痛感しました。

ギスギスの原因は
どんな時でも
コミュニケーション不足。

だからこそ
腹を割って話すことが大切で

ただその場を取り繕うだけでは
ますますギスギスしてしまうだけ


このままでは
はぐみ編集部は
空中分解してしまうなぁ
と感じていました。


伝えるべき思いを
飲み込まずに出すこと
たとえ
醜くても情けなくても
怖くて泣きそうでも

いま感じていることがすべて。


それを
6人のメンバーで
泣きながら笑いながら
膿み出ししました。
(先に帰ったさゆりん、ごめんね!


一年経ってやっと
スタートラインに立てたような。
ここから本当の「はぐみ」が
始まっていくのだなと感じています。


「はぐみ」って、どんな雑誌ですか?
と訊かれたら

魂で生きること
をテーマにしています!

と、胸を張って答えます。

魂で生きる、なんて言っても
意味がわからないよなー
伝わらないよなー
なんていう思い込みで

色々回りくどく
説明をしていたのだけれど
たどり着く先は

魂で生きることなのです。

わたしたちはそれを
怖がりながら、
震えながら、
泣きながら、
体験していくだけ。

そしてそれを、記していくだけ。

新しい生き方の提案
なんて言い方はちょっとおこがましくて

新しい生き方に
チャレンジしている
わたしたちの奮闘記です。
魂で生きることは
クリエイションです。
生きることが作品です。

わたしがわたしを生きること
それが「はぐみ」です。


3月から新装オープン。
みんなの魂も浄化されました。
愛に満ちたピカピカの魂で
人生をクリエイションしながら
はぐみを制作していきますよ。
どんなふうになるかは
乞うご期待!

年間定期購読のお申込みも
お待ちしております!

HUG me IWATE Editors Room

「はぐみ」岩手編集部のホームページです