[はぐみがはぐくまれるまで]#03

なおみん編集長です。
「はぐみ」というコンセプトが
はぐくまれるまでのストーリーを
連載記事として書いております。

Photo by Justyn Warner on Unsplash


子どもの頃は、なりたい職業だらけでした。


歌を唄っては歌手になりたいと言い、

絵を描いては漫画家になりたいと言う。


糸井重里に憧れてコピーライターになりたいと思ったり

秋元康に憧れて作詞家になりたいと思ったり


なぜか、お花屋さんとかケーキ屋さんみたいな夢はなくて。


よくよく考えたら、わたしの父親は菓子職人で
わたしもお菓子づくりが大好きだったので
お菓子屋さんになりたいとか言っても不思議ではないのに 笑


読書感想文や、作文を書くのが得意で

コンクールで賞をいただいたこともありました。

中学の先生に、文才あるね、と褒められたこともあったり。


中学時代はまともに勉強もせず

漫画を描いては友人たちに読ませて

褒められて天狗になっていました。


思い返せば、町のカラオケ大会なんかにも出てたっけな(恥)


どうやらわたしはすべてにおいて

表現することが好きみたいです。

文字で、絵で、歌で、そしてデザインで。



とはいえわたしは

最初からデザインの道を志したわけではありません。


絵が描きたい

それだけの理由で、実家から通えないほど遠い高校を選び

油絵の世界で挫折を味わい、デザインに逃げ込みました。


高校時代、専門分野では落ちこぼれでした。

デッサン力はないし、

周りは先輩も後輩も皆、美大を目指す人たちばかりで

途中から編入したデザインの授業にはついて行けず

消えてなくなりたいほどの絶望感を味わいました。



進学はせずに就職の道を選びましたが

デザイン事務所ではなく、印刷会社へと入社。



なりたかった職業には、なれませんでした。

HUG me IWATE Editors Room

「はぐみ」岩手編集部のホームページです