運を動かすこと。

こんにちは、なおみん編集長です。
[はぐみ岩手]冬号、刷り上がりましたよ!
さて。
ここまで1年、ひたすらに走り続けてきました。

誰も[はぐみ岩手]を知らない状態から、みんなで一緒に、またそれぞれに動いて。

気づいたら[はぐみ岩手]を知っている人が増えていて、そして時折、「はぐみの人ですよね?」と、声を掛けて頂く機会も増えてきました。
運を動かすということは、運動をすること。
それはスポーツという意味合いだけでなく、ムーブメントを起こすこと、キャンペーンを行うことも含まれます。
今年は突き動かされるように色々な場所へ行き、様々な人と出会い、繋がり、行動範囲も人間関係も、自分の中の器も、拡がりができたように思います。

嫌だなぁと思うところではなく
楽しそうだと感じるところへ。

会ってみたい人、興味のある話
その先に待っている出会いもあり

人と人を繋ぎ繋がれ
ひとりでは回せなかった車輪を
みんなのチカラで回すことができました。

それは決して[はぐみ岩手]に限らず
自分の本業、ひいては人生においてのこと。
[運]とは、ある意味[雲]でもあり。
実体があるのかないのか、よくわからないもの。
けれども確かに存在するもの。
そして掴めるようで、掴めないもの。
でも掴みに行く必要は
もしかしたら、ないのかもしれません。

運をつかもうとするのは
雲をつかむようなもの。
運は、動かし続けることが大切で
その動きは心臓と一緒で
止めてしまったらきっと終わります。

雲がずっと
同じカタチを留めないように
運も常に変わり続けるのだと思うのです。
人との出会いは財産です。
嫌いだなぁと思う人ですら
その感情を教えてくれる大事な存在。

人生の中で
地球上すべての人と出会うことは
きっと不可能です。

ならば
出会い尽くすことのない
有限な出会いを

ひとつひとつ楽しんだほうがいい。

来年もたくさんの人との出会いを通して
もっともっと、運を動かしていきますよ。

きっと来年の今頃は
またわたしが予測できないほどの
出会いに恵まれていることでしょう。
それはさておき、そろそろスポーツという意味合いでの運動もしないとです 汗
さて何から始めましょうかね?

HUG me IWATE Editors Room

「はぐみ」岩手編集部のホームページです