続・コミュニケーション。

はぐみ岩手編集長

なおみん こと高橋直美です。



今日は引き続き、コミュニケーションについて書こうと思います。

前回は「人間」としてのコミュニケーションでしたが

今回は「人」として。


つまり、

自分と自分のコミュニケーションです。


前回書いたものを引用します。


好きな人に好きだと伝えて
嫌いだと言われることより
無反応でスルーされることのほうが
余程の絶望感があります。

そこには人間としての
コミュニケーションがないから。
自分に関心を持ってくれることが
誰だって嬉しいと思います。 

自分に関心を寄せる人を
人は好きになるだろうし
好きになる人へは
関心を寄せると思うのです。


これを自分の意識に向けてみます。


疲れていて休みたい
お腹が空いた
トイレに行きたい


そんな小さなココロの声に

関心を寄せていますか?


疲れていても「仕事だから」と出勤

休み時間も、コンビニおにぎり片手に働いて

トイレに行くことも忘れて動き回る



こんな毎日では

自分のココロに関心を寄せず

無反応でスルーしている状態です。


自分を満たすことができないと

他人を満たしてあげることなんてできません。


いや、もしかしたら

できるのかもしれませんが

きっと自分自身が

ますます辛くなるだけです。



誰かとのコミュニケーションも大切
でも、自分とのコミュニケーションが
もっともっと、大切です。


わたしは今、何がしたい?
眠いなら寝よう
お腹が空いているなら食べよう

何が食べたい?
お米?パン?パスタ?

ちゃんと自分に
関心を寄せてあげてください。
自分を好きでいてください。


と、わたしがわたしに
言い聞かせております 苦笑


自愛という言葉を使い始めてから

アロママッサージや
ネイルサロンなどに通って
自分みがきに
お金をかけたこともありました。

それら自体は
すごくいいことですが

果たして本当に
わたしがココロから求めること
だったのだろうかと。

わたしが求めるものは
アロママッサージでもネイルでもなくて
ひとり草原でボンヤリすること
かもしれません。

草の匂いを嗅いで
風を感じて
流れる雲を眺めて
ただボンヤリしたい


自分にご褒美、と言って
世間一般的なご褒美を用意するのは
恋人から、
望まないプレゼントを頂くのと一緒。


本当に欲しいものはなぁに?
今、何がしたい?

それが分からない人は、まず
自分と向き合い関心を寄せる時間を
充分に取ることから。

はい、わたしもです( ̄∀ ̄)

誰かとの人間関係より
自分との関係を深めること
自分と自分のコミュニケーション。
それが一番の自愛です♡

HUG me IWATE Editors Room

「はぐみ」岩手編集部のホームページです